fugetsukai_flag慶應風月会
慶應義塾教職員定年退職者の会
昭和45年10月設立


本会は、会員相互の親睦と連絡を図り、  
併せて生活の向上に努めるとともに、   
慶應義塾の発展に寄与することを目的とする
  
HOME 会長挨拶・会名の由来 役員規則財務 総会 入会のご案内 平成26年5月1日
TOPICS 

                                                                                  
 
 会員の皆様へ

  このTOPICSサロンは会員の皆様の投稿により、会員の親睦をより深めていく場です。
  投稿内容として
   1.会員の活動(会員相互の活動、ボランテイア活動など)
   2.会員の趣味(色々な珍しい趣味、奥の深い趣味など)
   3.会員の嗜好・お薦め情報
   4.生活の知恵情報
   5.慶應義塾や福澤先生の情報
  ご協力のほどよろしくお願いいたします。(投稿はEメールでお願いいたします)

img_p026

          【TOPICSサロン挨拶文(2月)】         

 1月10日は福澤先生の誕生日(福澤記念日)、2月3日は福澤先生の命日(雪池忌)ですが、特に命日については、良いタイミングがつかめず、毎年、通り一遍のご案内しか書けずに、反省しており、今回は少し詳しく書かせていただきます。
 昨年は、中津在住の会員 渡邉郁美さんから、中津における福澤家の菩提寺である明蓮寺でのお墓参りの様子など、詳しく投稿いただき、また当日、中津で行われた「福澤諭吉先生第118回忌法要 記念講演会」(看護医療学部山内慶太先生が記念講演)の様子も知ることができました。当日、法要(お墓参り)に合わせて行われた記念講演によると、福澤先生は「慶應義塾之記」(慶應4年・1868年)や「慶應義塾記事」(明治16年・1883年)等、我々にとって馴染みが薄いかも知れませんが、自ら起草された貴重な著作を多く残されているそうです。今日、当時の義塾や先生の目指していたものを知る上で、大変価値ある資料となっています。
 「慶應義塾記事」は義塾創立25年にあたる明治16年に書かれ、4月24日の日付で発表されたものですが、創立25年を記念して書かれたものとしても考えられています。その後も、義塾の歴史の節目ふしめで書き加えられてきていますので、慶應義塾の歴史書ともなっています。内容は、「履歴之事」「学規之事」「会計之事」の三部からなっていますが、先生の指針として、学問の事と政治の事との関係について、両者は全く縁なきものにして、学問の政治からの独立についても書かれており、義塾の精神が伝わってきます。記念講演では、そのことについてのご紹介もありました。東京の善福寺墓参では味わえないような義塾の歴史と義塾の根本精神との出会いもある、味わい深い貴重な企画となっていたようです。
 さて、東京の麻布山善福寺で行われている墓参の方はどんな様子か、簡単にご紹介します。毎年、福澤家の方々はじめ、義塾からは塾長、評議員会議長、常任理事、学部長等主要メンバーが列席(本堂と墓前の両方)されます。墓前には、幼稚舎生や大学生(最近でも体育会は頑張っています)も、昔に比べて人数は減っているようですが、絶え間なく集まってきます。OBの姿も見かけます。義塾ならではの行事です。実際に葬儀が施行された日は、明治34・1901年2月8日でしたが、「塾葬」とすべきかどうかとの議論がありました。それをはたして先生が喜ばれるかといえば、平素の考え方からして疑問だとする意見に落ち着きました(「慶應義塾豆百科」参照)。福澤先生の心事を尊重するとき、葬儀はあくまで福澤家の私事として執り行うべきものであるという精神を貫いてきており、慶應義塾では、今日まで塾葬は一度も執行されていません。また、墓所は、当初上大崎常光寺にありましたが、常光寺は途中から浄土宗の信徒だけに限られるようになり、昭和52年5月、福澤家では墓所を常光寺から菩提寺の麻布山善福寺に移葬しました。常光寺の墓所跡には、義塾の手により、「福澤諭吉先生永眠之地」と題する記念碑が建てられています。さらに付言すれば、昭和46年(三田移転百年の年でもありました)大正十年三田会の諸君により、三田山上の旧福澤邸に先生の「福澤諭吉終焉之地記念碑」も建てられました。
 まだまだ寒い日が続きそうですが、皆さん、気候が良くなったら、機会を見て、それらの「碑」にもお出かけになってはいかがでしょうか。皆様方のいっそうのご健勝お祈りします。

                                           (ホームページ担当一同)

  アンケート  
    「お正月をどのように過ごしましたか? 」 Webアンケート  
  img_p026
 投  稿  
  経営管理の充実と近代化 定年制導入の頃を振り返って   投稿201902-01
  大航海時代の歴史に触れるポルトガル世界遺産の旅   投稿201902-02
  img_p026
  慶應義塾大学部発足と、それを支える資金面の難題克服について   投稿201901-01
  img_p026
  慶應義塾の外国人教師の採用(続編)と教育の文明開化
 ―女性外国人教師と、慶應スポーツでの外国人教師・コーチの活躍―
  投稿201812-01
  img_p026
 
過去の投稿

 投稿一覧
  「何にしようか」過去の投稿  投稿一覧
  img_p026
   
   募集中!
  img_p026
  生活情報  
  高齢者講習(70歳~74歳までの方の免許更新)について(2016年11月10日更新)
      警視庁のホームページにリンクいたします          高齢者講習(70歳~74歳までの方の免許更新)
  講習予備試験と高齢者講習(75歳以上の方の免許更新)について(2016年11月10日更新)
      警視庁のホームページにリンクいたします          高齢者講習(75歳以上の方の免許更新)
  img_p026
   セルフメディケ―ション税制の新設について(医療費控除の特例:来年の確定申告から適用)
       厚生労働省のホームページにリンクいたします            セルフメディケ―ション税制
  img_p026
   内閣官房 国民保護ポータルサイトの新設について
 (武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律)
        内閣官房のホームページにリンクいたします              国民保護ポータルサイト
  img_p026
   
        投稿受付中!    (TOPICSサロンへ掲載して頂ける方は、こちらのEメールでお願いします)
                                                                               Copyright(C)慶應風月会. Allrights reserved.